冬のファッション必需品

冬のレディースファッションとは、あなたが真っ先に思い浮かべるアイテムはなん。
コート、ストール、マフラー、手袋、タイツなどでしょうか。
昨今は、よく耳にいたします「スヌード」などというアイテムもありますね。
ところで、貴方は、マフラーとストール、ショール、スヌード、スカーフ、これらの違いをちゃんと理解していますか。
どれも同じで、呼び方がちょっと異なるだけと思っていませんか。

 

せっかくの機会ですので、今、これらの違いを覚えてしまいましょう。
あなたが、どれも同じようなものと思っていらっしゃるとおり、これらにはそれほど大きな違いはありない。それでも確かに違いはあるのです。

 

そして、その違いをきちんと知っていることによって、着こなしにも差がでてくると思いますので、ぜひ覚えて頂きたいと思います。

 

このようなファッションの雑学的なことを知っていて、お友達との世間話のついでにお話してあげると、ファッションについて詳しい人、つまり「オシャレな人」という印象になるかもしれませんよ。

 

これらはすべて冬の着こなしには、断然あったほうが良いもので、首回りや上半身を保温してくれるアイテムです。
ただし、「ストール」と「ショール」、「スカーフ」は必ずしも冬のアイテムとは限りません。

 

状況によりますが原則としてこれらは、生地の厚さによりオールシーズン使用可能なアイテムです。

 

冬は、当然ながら厚手の生地のものを選びます。
そして、マフラーとスヌードは首周りを温めたり、保温したりするアイテムですが、ストールとショールは首回りを温めても良いですので、肩掛けとしても使用します。

 

とくにショールのほうは、まぁ基本的に薄手のものが多く、肩掛けとしての使用がメインと言って良い。
スカーフは、皆さまご存じのとおり、薄手の生地でできているもので、Sizeも小さ目です。

 

首に巻くほかにも、さまざまな使い道がありますが、保温効果は少なく、どちらかとは、、オシャレのアクセントとして使用することが多い。
マフラーとスヌードの違いはわかりやすいですね。

 

どちらも首回りを温めたり保温したりするアイテムですが、スヌードのほうは筒状になっています。
マフラーは筒状ではありませんので、そこが大きな違いです。

 

冬のレディースファッションの着こなしにもっともオススメしたいのは、厚手の生地で作られたマフラーとスヌードですね。